サーフィンまとめブログ”one by one”

オルタナティブボードのその先の世界を求めて

ぬるいライディングしていませんか?

トラジションボードの魅力は早いテイクオフなのだが、

どうやらテイクオフは早すぎてもダメだという事にようやく気付いた。

同じ日の同じような波で比較してみる。

 

うねりを交わすポイントだがいつもの感触よりパワーが無くロングも多い厚めの波。

ピークを見定めてパドリングし板が滑り出す。

進行方向のショルダーはまだ割れていない。

f:id:GandhiKhan:20170219153149j:plain

A:ここで乗るか?

f:id:GandhiKhan:20170219153241j:plain

B:ここまで待つか?

ドアップによる若干の見苦しさは勘弁していただく。

Aの場合

f:id:GandhiKhan:20170219153419j:plain

上の写真とは違う波だが大体同じような地点で滑り出す

f:id:GandhiKhan:20170219153629j:plain

ショルダーは張っているが今すぐブレイクしそうな感じでもない

f:id:GandhiKhan:20170219153834j:plain

明らかに暇を持て余しているライディング

f:id:GandhiKhan:20170219154041j:plain

あまりにもしょうがないのでチョットバックしてみる

この後ダラダラとトリミングをしているが省略

f:id:GandhiKhan:20170219154544j:plain

ようやく技をかけられそうなポイントを見つける

f:id:GandhiKhan:20170219154646j:plain

少し降ってタイミングを取る

f:id:GandhiKhan:20170219155039j:plain

若干のカービングターン

テールを蹴りだすなんてこの板じゃ無理よ

f:id:GandhiKhan:20170219155523j:plain

ターン後再び斜面を見るが

f:id:GandhiKhan:20170219155625j:plain

私たち、もう終わりにしましょうとの事

f:id:GandhiKhan:20170219155904j:plain

プルアウトで終了です

これでNSA4級は確実だね

 

なんつーかライディングがダラダラとしていて締まりがない

乗ってる時間は長いかもしれんが、もはやそれを競う時期でもないし。

Bの場合

f:id:GandhiKhan:20170219160831j:plain

スタンドアップを遅らせたので足元はブレイクしている

f:id:GandhiKhan:20170219161225j:plain

乗った直後に即リップがめくれ立つ

f:id:GandhiKhan:20170219162116j:plain

全面ドカンと崩れたリップをクリアし次のセクションへ

f:id:GandhiKhan:20170219161645j:plain

基本波のポケットにいるのでボトムターンすれば技セクションに行ける

f:id:GandhiKhan:20170219162417j:plain

これまたトップターン

以後はプルアウトして終了。

始めのセクションの処理をもっと上手に出来れば

さらにライディングが引き締まるだろう。

 

L波の場合

f:id:GandhiKhan:20170219163355j:plain

この時点でスタンドアップ出来るのだが

f:id:GandhiKhan:20170219164444j:plain

若干遅らせる

結果的に厚い波の日でも、掘れた波の日のショルダーと同じ位になっている

f:id:GandhiKhan:20170219164858j:plain

ボトムに降る際波に引っかかってカメラの向きが変わってもうた

f:id:GandhiKhan:20170219165044j:plain

進行方向先のリップを狙う

f:id:GandhiKhan:20170219165249j:plain

重クソ長い板の割には結構攻めました

f:id:GandhiKhan:20170219165543j:plain

以後、次のセクションへ

 

つー事でスタンドアップの際にショルダーが張ってくるまで待つと

トリムが必要無くなるという事が分かった。

いつまで経ってもパンパンパンパン、

アップス星人のあなたは要チェックですよ!?

 

しかし便利な世の中になりましたね。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

サーフィンは楽しむ事が一番大事。これ重要。

しかし上手くなりたいと思っているのに、非効率な練習方法をしていませんか?

いくら雑誌やネットのHow to記事を読んだとしても

自分の画像をチェックできないという事は

復習が全く出来ない事を意味しますから。。。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村