サーフィンまとめブログ@千葉北オルタニズム

オルタニズムかつミニマリズムなサーフィンライフハックレコメンドブログ

テイクオフの物理学(テイクオフ改善計画④)

f:id:GandhiKhan:20180520211658j:plain

物理法則を無視して

技術論を交わしても

意味無いと思う。

少なくとも俺はそう思う。

つーか俺がそういうタイプの人間なのだw

。。。

 

サーフィンのライディングとパドリングで

ボードの動きの違いを考えたことがあるだろうか?

  • ライディングは滑走状態

  • パドリングは非滑走状態

そしてテイクオフはこの二つの状態を切り替えて

自分の意志でライディングする為に行う物。

いうなればライディングのスタート時点である。

 

そう考えるとどういうテイクオフが正解か

分かるんじゃね?

(´ρ`)

 

  • 滑走状態って何?

サーフボードのボトム面の流速が上がる事により

揚力が発生しボトムの接水量が減少。

よって摩擦抵抗も減少するので、

波の力のみで進める距離が飛躍的に伸びる。

(サーフィンの場合)

 

サーフィン始める初心者などは

まずこの事を頭に入れとく必要が

あると思うんだがな。。。

(´ρ`)

 

そんなサーフィンにとって重要な要素である

揚力を数式で表すと

L=1/2pV2SCL

となる。

この数式をサーフボードに強引に置き換えると

  • Lは発生する揚力
  • pは海水の密度 1.02 - 1.035 g/cm3
  • Vはボトム面の流速
  • Sはボトムの面積
  • CLは揚力係数(ロッカー等)

 となる。

これらを紐解くとテイクオフで重要な要素が分かるのだ。

例えば

  • 海水密度は無視する(みんな同じ条件でサーフィンしているから)
  • 同じサーフボードのモデルであれば長さや幅がある方がテイクオフが速い

そしてこの中で一番重要なのは。。。

ボトムの流速!

何故なら揚力は流速の二乗に比例するからだ。

 

じゃあボトムの流速はどうやって上げるのか(。´・ω・)?

そこを考えるのが

テイクオフの命題なのだ!

以上、

自分の頭で考えないと

成長しませんぜw

続く。。。

 

f:id:GandhiKhan:20180401223646p:plain

リーフツアラー パドルグローブ RA-0201 ブラック M-Lサイズ

 

今年も応援ありがとうございます(=゚ω゚)ノ

ランキングサイト参加中でありますので

↓↓↓下記ボタンのクリックをオナシャス!<m(__)m>

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村