読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーフィンマトメブログ”リターンズ”

アクションカメラとシングルフィンで日々のサーフィンを好き勝手に綴る

撮影日和

背中の痛みが回復しない。

仕事の影響ですね。

今日も午前中にヨガで固まった背中の回復に努めたが

久々にやるとほぐし戻しっつーの?疲労感がどっと来る。

でもやらないと関節の可動域が狭まったまま固まるのでしょーがないのよ。

 

地元はまだ流れがキツイので午後3時過ぎに道具積んで安太郎に行ったら馬鹿みたいに混んでた。

背中は痛いし耳栓やインナーネックも忘れてテンション上がらないので

陸からの撮影を試みてみた。

f:id:GandhiKhan:20161112223848j:plain

いつもはオモチャ並みの画像しか残せないデジカメ機能だが、なかなかどうして。

雰囲気のあるショットを残せている。

やはり日暮に近い日差しが良い雰囲気を醸し出しているのか。

 

写真の事は勉強中だが良いショットを残すのには何が必要か?

自分なりの経験だと

1に光線、2に被写体、3、4に構図で5に枚数

そんな気がする。

 

どんなに良い被写体があっても光が無ければ撮影になりません。

どんなに良い光があっても被写体がザルではお話になりません。

良い被写体があっても構図がザルだと一瞬で見切られます。

光線の優位性は絶対だが被写体と構図は時に順位が逆転する。

上手い人なら素人が撮ってもどうにもならない被写体を使ってあっと驚かせる作品を作れるし。

最後に枚数を撮ればその中にミラクルが潜む確率も高くなる。

また自然と構図が身に付いてくる。

写真というのは規則性や法則にかなり充実なジャンルなので

それらを体得するのに越したことはないよね。

f:id:GandhiKhan:20161112225031j:plain

場所さえ確保できればこんなの誰でも撮れます。

f:id:GandhiKhan:20161112225456j:plain

f:id:GandhiKhan:20161112225701j:plain

f:id:GandhiKhan:20161112225853j:plain

そんなこんなで調子に乗って撮り過ぎちゃった♪

f:id:GandhiKhan:20161112230125j:plain

どうすんだよ、これ...

明日は早い時間に入れれば良いな。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村