読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーフィンマトメブログ”リターンズ”

アクションカメラとシングルフィンで日々のサーフィンを好き勝手に綴る

効率の良いサーフボードの乗り換え方

※普段正規代理店で普通に板をオーダーしているような人は

この記事を飛ばしちゃってください

f:id:GandhiKhan:20170318232423j:plain

サーフボードに対する価値観というのは人それぞれだと思うんだけど

 長年サーフボードの乗り換えを繰り返して身に付いた不文律がある。

 それは

現在のボードの資産価値が購入価格を下回ったら

即現金化する事

例えば7万円で程度4/5点の買ったショートを一か月だけ乗って6万円で売るとする。

(5点~1点で新品~ジャンク品とする)

4/5点のショートの市場価格が大体7万円ならあと1万円だけ足せば

また同じ程度の板に初めから乗れる。

これが半年乗り込んで程度が3/5点レベルに下がったとする。

当然売れる値段も3万円程度に下がる。

購入当初の程度の板を買うにはあと4万円足さなければならない。

1年間乗り込んで2/5点レベルにまで下がったら売却価格は2万円程度だろうか。

そうなるとあと5万円必要になる。

 

え~でも~、長く乗り込んだ方が一か月あたりの価格が安くなるんでないの?

と考えたあなたは甘い。

板は程度が悪くなるほど売れなくなる

これも不文律だ。

ボロい板だとヤフオクで1円スタートとかにしても全然ダメ。

だから動きがあるうちに速攻で売り飛ばしておく必要がある。

段々ボロくなると不動車やゴミ屋敷みたいに処分する気力も無くなってくる。

ど~せ売れねえだろとかこんな値段つかないんじゃないかみたいな。

 

資産的には購入当初の資産価値を失った板を持ち続けても意味が無いですからね。

これがファンとかロングならまだフィンレスで遊ぶなど潰しか効くんだけど

ペラペラのショートときたらまったく。。。

 

一番コスパが悪いのが最初に3/5程度の板を値段に負けて買ってしまう場合

乗り込んで性能落ちてから売ろうと思っても、もう値段がつかなくなってしまう

しかも最初から程度が悪いから性能が落ちるまでの期間も短い。まさに負の連鎖。

 

過去の経験から言うと

新品の12万円の板を1年で乗り潰すのと

毎月1万円払って12本の板に乗り換えるのは

経験的には雲泥の差

サーフィンの成長期に上手くハマれば化けますね。

もちろん現状把握が出来ていることが大前提だけども。

 

はっきり言って一生乗り込む板なんてほぼ無い

そりゃバルサのロングとかなら長く乗れるけど

買うまでの時間もコストもダンチでしょ?

だから通年海に入るサーファーなら常に次の板の事を考えておいた方が良い。

で、前記の事から何が言えるかというと

板を長期間乗り込む人は次の板に向けてのまとまった資金が必要になるという事。

毎月板貯金をするとかボーナスを当て込むとかしないと予算の都合が付きにくい。

ま、当たり前っちゃー当たり前なんですけど。

 しかし私は資産流動化タイプなので

金が無くても板を乗り換え続ける事が出来るw

 

 一番効率が良いのはですね

新品アウトレットや極上美品を10万円以下で買い

程度が1ランク下がる前に売る事。

10万円以上の予算が捻出できるならオーダーした方が良いし

売るにしても10万円超えると商品の動きが悪くなる。

 

もっともこのやり方だと次の板を求める場合

自分の望む物が出てくる保証が無いという事もある。

次の板はボンザーが欲しいんだけど全然物が無いとかざらにあるし

そうなるとやっぱオーダーかなという感じになってくる。

 

オーダーボードの買い時は単純に為替レートですね。

最近は円安固定なので以前よりも旨味は減っているが

それでも動向を掴めば10%レベルで予算を節約できる。

 

まあ乗り換えの目的がサーフィンを次のレベルに確実にアップさせる事ならば

遅かれ早かれオーダーという名の魔物に巻かれる事でしょう。

私の場合は買った値段より高く売ることが出来たので

久々にオーダーというステップに上がる事が出来そうです。

今思うと株みたいな板でしたねwww

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

不惑になって思う事

f:id:GandhiKhan:20170303225333j:plain

というテーマで過去を色々回想していたのだがあまり盛り上がらない。

もちろん記憶に残る波や板はある。

波に関しては32の誕生日の片貝漁港右側の頭サイズのレギュラー。

漁港のようなマニューバー系の波は波の上で何をやったかというので記憶に残り易い。

逆に千葉南の波の場合はあれほど通ったにもかかわらず、全く思い出せないw

つっても今となっては当時のベストライディングも( ´_ゝ`)フーンでしかない。

ベストのライディングの記録を塗り替えたいし、それは出来ると思っている。

 

国内の波は多少は色々乗ったんだけど

基本的にマニューバーやアクションが伴ってないと忘れる。

だから波は青森から宮崎まで十把一絡げというか。

ダブルアップした太東もなんだかデカかった根本の波も

阿字ヶ浦も筆島もカイザーも伊良湖も四国も九州も全部一緒w

 そんで当時は自分のライディングを記録する事が出来なかったでしょ?

だから今は余計に拘るのかもしれない。

 

板はショートだと乗り手が板から落ちないというDHDのパーコモデル、

フィッシュだと乗り味がまんまショートなDVSのAVISOが印象的だった。

シングルは良く分からんな。今の板が結構いい線行ってる気はする。

 

でも今となってはショートボードに費やしてた時間が勿体無い。

肉体的素養が無い人間にとっては、あれは非常に効率が悪い。

今の知識と経験があればサーフィン初めてから1年で3級受かるわ。

 

サーフィンは自然相手だから効率が悪いとか反復練習が出来ないとかじゃなくて

一つのジャンルの中に最も効率が良い上達法があるのなら

それを採用しない手はないと思うのだがな。

 

今は海に入る時はなるべくベストな体調になるよう調整する。

急いで波のコンディションを優先させるよりも

人間のコンディションの方を整える方が優先だと思っている。この年になると。

無理してまで酷い波の日は入らないし膝以下の時はフィンレスに切り替える。

眉間にシワ寄せて入っても面白くないし、そういうのはもうお腹一杯である。

という事で40過ぎると一回の波乗りの内容や密度を重視したいというお話でした。

今の板についてどうするかはまだグダグダしていますw

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

シングルフィンの得手不得手

季節が巡りうねりの向きや潮周りが変わり波質も変わる。

人間の体調も変わりなぜか波乗りの調子も変わったりする。

そんなこんなで今の板に結構乗り込んだ故に板への欲が出てきた。

乗り手の欲求が変わってきた為だろう。

 

まず現在愛用中のシングルフィンの苦手なシュチュエーションを挙げる。

もちろんシェイプとの兼ね合いもあるからリッター数多めな板の傾向として見てくれ。

  1. 岸近くの急激なダンパー
  2. 上下動が無い平面的なカットバックの後半
  3. 波の急激なブレイクへの対応
  4. 急激なアクション後の持ちこたえっぷり
  5. オンショアやジャンク波
  6. 掘れた波のショルダーへの張り付き

1はサイドフィンが無いのでレールがバイトする間もなく吹き飛ばされやすい。

そもそもこういう板で乗る波ではないが、こんな波しか無いポイントだとキツイ

これはラスティ―のバリシングルのようなボリュームが少ないシェイプであれば

解消されているのではと想像する。

 

2だが綺麗なカットバックは縦の動きより難しかったりする。

初めから計画してカットバックしない限り後半はまず失速する。

シングルフィンのライディングは事前に台本が必要なのだ。

もちろんレングスが長いほどカットバックの難易度は上昇する。

フィンの取り付け位置でも多少は変わるが、それでも限度がある。

 

3は板の長さと重さが関わってくる。

シングルでもフローター的な動作は難しくないが

板が長かったり重かったりするほど反応が遅れる。

結果板を落とし遅れたり単なる回避ジャンプになってしまう。

不規則なブレイクと人が多いコンディションでは何とかならんかなと感じてしまう

 

4もそもそものシェイプ理念が違うから致し方無いというしかない。

やはりアクションを重視するとノーズやテールのボリュームを減らしたり

レングスをカットしたりマルチフィンになりがちである。

その結果が今のショートボードなのであろうが

あの浮力感と技術的縛りは今の自分が目指すものでは全く無い

 

5だがジャンクやオンショアはシングルの敵です。失速します。

決して入水してはいけません(笑)

 

6は持ち上げられたり落とされるシュチュエーションで

ラブレールすれば一応何とかなる。

しかしへばりついてる限りその後のアクションへは一切繋がらない。

 

じゃあシングルフィンが得意なコンディションはというと?

  1. 面ツル
  2. オフショア
  3. ボトムがはっきりしている波
  4. 規則正しい、ブレイクが予想しやすい波
  5. ロングショルダー

それって大抵の板が調子良いコンディションなんじゃ。。。

って突っ込みは無しでw

 

シングルフィンは板の慣性とライン、波のパワーで加速していくので

ラインさえ確保されていれば多少オフが強かろうが小波だろうが失速しにくい。

惰性は板の重量が関わってくるので重めの板はアクション性能と引き換えに

グライド性能が高まっているといえる。

 

ボトムがはっきりしている波とはブレイクが速過ぎず

ボトムに降りてもライディングが終わらない波ですね。

肩位のサイズがあれば最高でしょう。

f:id:GandhiKhan:20170226144106j:plain

ようするにこういう波です。

こういう波をただ横に突っ走っちゃダメでしょう。

しかし写真のような波が日常的にあるわけではない。

海の側に住んでいても土日しか入れなければなおさら。

去年の下半期は2回しか遭遇しなかったよ。

 

じゃあシングルフィンに適さない波で楽しむにはどうすればよいか?

サイドフィンを付けるという裏技がある

それってもうシングルフィンとは言えないんじゃ?...

 

いやいや、シングルスタビというブリュワー辺りから始まっている

由緒正しいフィンセットアップではないか。

マイボロミッドレングスはシングルスタビ仕様なので

純粋なシングルとスタビ仕様の違いは体得している。

スタビ仕様にするとライディングの何が変わるかというと

  1. パドル、テイクオフが安定して速くなる
  2. 横への動き、アップスやフローターが得意になる
  3. サイドフィンとセンターフィンの面積比を近づけるほど縦の動きが良くなるが、板は走らなくなる

だからトライのショートから割と違和感無く乗れたりする。

逆にスタビからシングル仕様にすると

  1. パドルはふらつきテイクオフは遅くなる
  2. 小技が出来ない分、ライディングラインは綺麗になる
  3. アクション性は求めてはいけない

何だよ、もう答えは出てるじゃんw

自分の板はオーダーの段階でスタビ仕様にも出来るので

後付けでフィンプラグを追加してもそれほど乗り味が壊れないんじゃないかと。

しかし昔トライの小波用板にフィンプラグを追加してクワッドにしたら

テイクオフは早いがターンがえらい調子が悪くなった事があった

またボロミッドレングスを今流行りのツイン仕様にしてもやはり調子が悪くなる。

調子が悪いとは要するに板が遅くなる。

たぶん設計時に意図しないところにフィンを設置すると水の流れを妨げるのだろう。

 

なので板削れる所で相談してやるかやらないか決めようかなと。

しかしシェイプ自体にも変えたい点がある。

具体的には幅を狭めてテールをさらに絞って厚みを落としたい

でも小波から使いたいとかアクション性能をもっと上げたいとか

一本所有主義だと要求事項があれもこれもとまとまりが無くなってくる

 

いっそ思い切って板チェンジするか?

勢いあまってツインも良いかもしれない。

どっちにしろサーフィンって博打要素からは抜けられんよ。

ここまでハマってしまうのは立派な依存症の一つだね。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

ぬるいライディングしていませんか?

サーフィン

トラジションボードの魅力は早いテイクオフなのだが、

どうやらテイクオフは早すぎてもダメだという事にようやく気付いた。

同じ日の同じような波で比較してみる。

 

うねりを交わすポイントだがいつもの感触よりパワーが無くロングも多い厚めの波。

ピークを見定めてパドリングし板が滑り出す。

進行方向のショルダーはまだ割れていない。

f:id:GandhiKhan:20170219153149j:plain

A:ここで乗るか?

f:id:GandhiKhan:20170219153241j:plain

B:ここまで待つか?

ドアップによる若干の見苦しさは勘弁していただく。

Aの場合

f:id:GandhiKhan:20170219153419j:plain

上の写真とは違う波だが大体同じような地点で滑り出す

f:id:GandhiKhan:20170219153629j:plain

ショルダーは張っているが今すぐブレイクしそうな感じでもない

f:id:GandhiKhan:20170219153834j:plain

明らかに暇を持て余しているライディング

f:id:GandhiKhan:20170219154041j:plain

あまりにもしょうがないのでチョットバックしてみる

この後ダラダラとトリミングをしているが省略

f:id:GandhiKhan:20170219154544j:plain

ようやく技をかけられそうなポイントを見つける

f:id:GandhiKhan:20170219154646j:plain

少し降ってタイミングを取る

f:id:GandhiKhan:20170219155039j:plain

若干のカービングターン

テールを蹴りだすなんてこの板じゃ無理よ

f:id:GandhiKhan:20170219155523j:plain

ターン後再び斜面を見るが

f:id:GandhiKhan:20170219155625j:plain

私たち、もう終わりにしましょうとの事

f:id:GandhiKhan:20170219155904j:plain

プルアウトで終了です

これでNSA4級は確実だね

 

なんつーかライディングがダラダラとしていて締まりがない

乗ってる時間は長いかもしれんが、もはやそれを競う時期でもないし。

Bの場合

f:id:GandhiKhan:20170219160831j:plain

スタンドアップを遅らせたので足元はブレイクしている

f:id:GandhiKhan:20170219161225j:plain

乗った直後に即リップがめくれ立つ

f:id:GandhiKhan:20170219162116j:plain

全面ドカンと崩れたリップをクリアし次のセクションへ

f:id:GandhiKhan:20170219161645j:plain

基本波のポケットにいるのでボトムターンすれば技セクションに行ける

f:id:GandhiKhan:20170219162417j:plain

これまたトップターン

以後はプルアウトして終了。

始めのセクションの処理をもっと上手に出来れば

さらにライディングが引き締まるだろう。

 

L波の場合

f:id:GandhiKhan:20170219163355j:plain

この時点でスタンドアップ出来るのだが

f:id:GandhiKhan:20170219164444j:plain

若干遅らせる

結果的に厚い波の日でも、掘れた波の日のショルダーと同じ位になっている

f:id:GandhiKhan:20170219164858j:plain

ボトムに降る際波に引っかかってカメラの向きが変わってもうた

f:id:GandhiKhan:20170219165044j:plain

進行方向先のリップを狙う

f:id:GandhiKhan:20170219165249j:plain

重クソ長い板の割には結構攻めました

f:id:GandhiKhan:20170219165543j:plain

以後、次のセクションへ

 

つー事でスタンドアップの際にショルダーが張ってくるまで待つと

トリムが必要無くなるという事が分かった。

いつまで経ってもパンパンパンパン、

アップス星人のあなたは要チェックですよ!?

 

しかし便利な世の中になりましたね。

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black

サーフィンは楽しむ事が一番大事。これ重要。

しかし上手くなりたいと思っているのに、非効率な練習方法をしていませんか?

いくら雑誌やネットのHow to記事を読んだとしても

自分の画像をチェックできないという事は

復習が全く出来ない事を意味しますから。。。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

好き勝手宣言

サーフィン

f:id:GandhiKhan:20170214211936j:plain

冬は嫌いなんだよ。体調は悪くなるしやる気は出なくなるし。

でも去年の今頃はサーフィンしていなかったから、それに比べればマシかな。

海は毎週末入れていて、最近ライディングや写真の打率が上がってきた。

インスタも飽きたしキャプションとかランキングとかも一切めんどくさいから、

これからはもう好き勝手にやります。

最終回 佳楽水に散る!!

忙しかったりやる気が出なかったりの渡航前。

だがスーツケースを入手後はハートに火が入り荷物をわんさか放り込んだ。

スーツケースにウェットスーツを入れるのならLサイズ以上でないとダメ。

これはLMサイズで他のLサイズより若干小さめだが収納力には問題なく、

多少小ぶりな分街を這いずり回る時でも使いまわしが良かった。

TSAロックも面倒なダイヤル式じゃないので開かなくなるなる心配も少ないしマジお勧め。

(シェルポッド) shellpod スーツケース HZ-500 中型 Mサイズ 鏡面イエロー【M/YL】

 

22日の朝3時半に起き9時の飛行機で成田から桃園空港へ。

101で恒例の鼎泰豐の小籠包を喰った後、新幹線で台中入り。

翌日彼女やその友人達との珍道中を経て懇丁へ。

といっても台北、台中などからの車での移動はマジお勧めしない。

驚異的に遠いから

こちらの感覚だと都内から伊良湖や伊勢まで行く感じ。

高速は渋滞があるしパーキングエリアは日本より少ない。

途中で台南に寄ったり車酔いで高雄で降りたりしたので、

懇丁入りしたころ頃真夜中になろうとしていた。

f:id:GandhiKhan:20161227224807j:plain

考えても見てくれ。

いくら台湾は小さいといっても九州と同じくらいの大きさがある。

台中から懇丁までほぼ台湾を1/4周する感じだ。

走行距離が300kmだから3時間で着くんじゃないの?と思った貴方。

甘い、甘すぎる。

台湾人と一緒に行動してる限り

予定通り事が進むわけがないから!

爆風が吹きすさぶ夜の懇丁でなぜかタイ料理を食べ、

来るべく翌日のサーフィンに備えた。

 

f:id:GandhiKhan:20161228120217j:plain

何故タイ料理か?彼らがそれを選んだ理由など無い。

 

部屋のバスルームにはバスタブが無かった。

あれほど熱望していたバスタブ。

ついでにトイレとシャワーの仕切り用カーテンも何故かレールごと撤去されていた。

台湾人ェ。。。

 

台湾人の朝は遅い。(自分もだが)

メンツが揃った頃は再び爆風が吹きすさんでいた。

ホテル周辺にもうねりが入っていたが驚異的なオフショアとドン深と化した地形により

サーフィンは不可。

 

f:id:GandhiKhan:20161228114728j:plain

ショアブレイクな海を見つめる日本人旅行者

 

南湾も見たがサイズ小さすぎ。

風向きの測定が今一出来なかったがダメ元で佳楽水に向かう事に。

つっても懇丁から佳楽水まで車で小一時間かかる。

しかも漏れなく爆風がセットで付いてくる。

日本の冬型北西オフショアなんて問題にならないくらいの爆風が。

f:id:GandhiKhan:20161228120726j:plain

その名の通り風吹砂なんつー爆風場所もある。

しかしレンタルバイクも結構走ってたりする。ノーヘルで。

 といっても道の選択肢がそれほどないのでボーっとしてたら佳楽水に着いた。

ちらっと見た限りでは風の影響は少なそう。

やったね俺!(達)と思いボードレンタルを探し、ポイント近くの宿でレンタル。

まさか通常のフォームの板がレンタルできるとは思わなんだ。

 

f:id:GandhiKhan:20161228121332j:plain

持参したリムーバーでノーズのワックスを落としてカメラをセット

この日の為に試行錯誤したリーシュの正体はナイロン紐

 

f:id:GandhiKhan:20161228121634j:plain

恐らく台湾メイドなツインスタビの板。長さは7'2

ウェットは風さえなければタッパーでも大丈夫

 

肝心の波はというと爆風の影響でセット頭半。

エントリーを観察するが玉石ゴロゴロで台湾人サーファーも結構苦労している。

左側で高雄サーファー達の模擬コンテストが行われておりそこは避けなきゃいけない。

 

f:id:GandhiKhan:20161228122234j:plain

エントリー付近はこんなん

明らかに波を当てたとは言えないコンディション

 

f:id:GandhiKhan:20161228122418j:plain

試練の時、訪れる

 

f:id:GandhiKhan:20161228122602j:plain

よいしょ~っと飛びぬける

しかし結構ハマる

 

板を傷つけたらリペア代を払わなければならない。

しかし今日はどうぞ遠慮なく板壊してくださいと言わんばかりのコンディション。

他の店が今日はレンタルボードの貸し出しを断るだけの事はある。

 さて水温はまあまあ。風は爆風。沖のカレントが結構強くてボーっとしてたら流されるが、ブレイクポイントより手前にいたらドルフィンしようがローリングしようが抜けられない。とにかく水量が多い。

f:id:GandhiKhan:20161228123408j:plain

後ろの波のブレイク部分の長さに注目されたし。水量が多い証。

 

f:id:GandhiKhan:20161228123556j:plain

うねりからだと中々難しいので、日本同様崩れかけを狙う

 

f:id:GandhiKhan:20161228123750j:plain

飛沫が多いのでテイクオフ直後は省略

とにかく水量が多い

 

f:id:GandhiKhan:20161228123924j:plain

LからRにカットバック

 

f:id:GandhiKhan:20161228124019j:plain

とにかく水量が多い

 

スープの水圧が半端でなく、このライディング後にカメラマウントが一発で壊れた。

カメラを預かってもらってから再び入るが

こりゃ行けたと思ったバレル系のライトで見事に放り出され

巻かれた時間の記録を更新した。

今までは大洗のダブルのセット時のワイプアウトが最長だったがそれより10秒は長いね。

コンディションはどんどん悪化し板を壊す心配や待ってる人の負担も考えて

二時間弱ほどで切り上げる事に。

 

とまあ目標にしていた台湾サーフィンも達成したので当ブログの更新はこれで終了。

次回は自分の板を持って行ったり、板のチョイスは自分が乗れる最大サイズに合わせたりと反省点はあるが、それは今後他の所で論ずるかな。

ではまた会う日まで。

再见

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

フィンレス撮影

先週の土曜日から右足の親指がひょう疽になった。

いつもなら三日くらいで自然に治るのだが今回は長引いたので

近所の町医者に行ったのだがまぁ~待たされた。

なので入水前のヨガフレイムどころではなかったが、やらないとやっぱ調子悪いね。

 

今日はフィンレスの初撮影に挑んだがマウントの調整やら自作カメラリーシュ、

ブーツグローブ初使用など色々重なってアップアップ。

 

何はともあれご覧下せえ

f:id:GandhiKhan:20161217210921j:plain

テイクオフはまあ普通

f:id:GandhiKhan:20161217211112j:plain

のようにはいかない

f:id:GandhiKhan:20161217211243j:plain

レールの入れが甘いのでケツ側からずり落ち始めている

f:id:GandhiKhan:20161217211406j:plain

背後の景色の代わりぶりを見よ

f:id:GandhiKhan:20161217211527j:plain

波に乗ってるのに完全に岸側の景色が見えとる

f:id:GandhiKhan:20161217211714j:plain

こっからどう立て直すべか?

f:id:GandhiKhan:20161217211828j:plain

フェイキーな感じで岸に向かって加速を試みる

f:id:GandhiKhan:20161217211941j:plain

 

とりあえず今日はこんな感じで勘弁。

撮影途中でカメラマウントの固定位置がずれ始め

よせばいいのに海の中でいじってたら締め付けスクリューを落として終了。

この後再び一時間ほどフィンレスで遊び、

波が上がってきたらフィンを取り付けてサーフィン。

相変わらずフィン付けた後の一本目は超調子が良いw

あれほど調子が悪かったはずのただのファンボードが

まるでログを扱うかのようにフェードターンやソールアーチが決まる。

 しかし最初フィンレスで軽くウォームアップをした後

すぐに本番のフィン付きに挑んだ方が体力配分が良いかなという気もする。

波が上がった時はやはりフィン付きの方が波を堪能できるので。

 

あと例のアマゾンブーツグローブは可もなく不可もなくという感じ。

シールが若干甘いかなという気もするがどっちみち水は入るよ。ドライであっても。

ブーツグローブで一万円も出したくねーよという貴兄は使ってみてはいかがだろうか?

サーフブーツ サーフィン FELLOW ALL3.5mm 保温起毛素材 サーフィン グッズ SUP 日本規格 ウェットスーツ サーフブーツ メンズ サーフブーツ レディース (26cm)

サーフグローブ メンズ サーフグローブ レディース サーフィン グローブ FELLOW ALL2mm 保温起毛素材 日本規格 サーフィン 遠赤外線加工 (ML)

 

フィンレスはけん玉みたいに少しやらないだけですぐ下手になる。

あとボードのどこに立つかが重要だったり足の位置を波側にするとか結構奥深い。

最もサーフィンだってそうだったはずなんだけど。

明日は波無し予想だがいつものシングルフィンで

フィンレスに挑戦してみるとかみないとか。

まずは早起きヨガからだな。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村