サーフィンまとめブログ”one by one”

オルタナティブボードのその先の世界を求めて

 ̄| ゴ | ッ | ド | ボ | ー | ド | ̄

f:id:GandhiKhan:20170617192607j:plain

朝の波が結構あれだったので一日かけて用事をこなし、

最後に期待を込めて海を見に行ったが

( ゚Д゚)

(´・ω・`)

(´ρ`)

こんな流れになった。

私は諦めない!(`・ω・´)

波が無ければフィンレスに乗れば良いじゃない?(マリー・アントワネット

いつものポーチにはクワッド、ツインに次いで当然ミニマルフィンも忍ばせておる。

TAVARUA(タバルア) サーフボード サーフバッグ ラージ NEW 3001 グリーンカモ

 

最初はナブスターを両サイド一番前に取り付け

ドリフトからのコントロール性を堪能。

レングスが短くてもコンケーブが深いからか意外とコントロール性が良い。

同じレングスのシングルの時はただただピーキー過ぎたというのに。。。

 

そのうち上げ込みに伴い、たまのセットは腰近くある事を確認。

となると、これはツインの出番か?...

急いで岸に戻りいそいそとツインセッティングに取り換える。

FCS(エフシーエス) MR-TFX PC Carbon/Fluro トライフィン (3枚) セット

↑マジで一家に一セット常備必須フィン

 

すご…い…!5倍以上のエネルギーゲインがある…!アムロ

潮が動く時間帯だと切れたセットがやってくる。

その切れ目から乗っても何故かショルダーは続き膝腿サイズのロングライドを堪能。

また勝手に崩れるセクションに当てたり乗り込んだりも出来る。

f:id:GandhiKhan:20170617194518j:plain

板のボトム前半分はコンベックス形状なのだがここに加重は禁物。

コンベックス部分は船のノーズのように波をわさわさかき分けて進むので

浮力よりも流速を発生させているのだ。

その早まった水流が板後半のダブルコンケーブ~リバースVEE区間に達すると

鬼のような操作性と走破性が生まれる。

最後に深いVEEで抜けるのでビボット的な板の返しにも対応できるというわけ。

つーか通常の波でも使えるレギュラーボードなのに

この小波性能は ヤ バ い 。

 

な、なんてサーフボードだ… クソ波をまったく受けつけません!(ジーン)

ああ…あれが連邦軍のサーフボードの威力なのか!(デニム)

(´ρ`)

 

やればできる

やらなきゃ分からない

失敗したらまたやり直せば良い

いつまでもそれを引きずると次の波を逃すよ

んな事が脳裏に浮かんだ今日の波乗りですた。

トゥモアナ

 

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村