サーフィンまとめブログ”one by one”

オルタナティブボードのその先の世界を求めて

好き勝手宣言

f:id:GandhiKhan:20170214211936j:plain

冬は嫌いなんだよ。体調は悪くなるしやる気は出なくなるし。

でも去年の今頃はサーフィンしていなかったから、それに比べればマシかな。

海は毎週末入れていて、最近ライディングや写真の打率が上がってきた。

インスタも飽きたしキャプションとかランキングとかも一切めんどくさいから、

これからはもう好き勝手にやります。

最終回 佳楽水に散る!!

忙しかったりやる気が出なかったりの渡航前。

だがスーツケースを入手後はハートに火が入り荷物をわんさか放り込んだ。

スーツケースにウェットスーツを入れるのならLサイズ以上でないとダメ。

これはLMサイズで他のLサイズより若干小さめだが収納力には問題なく、

多少小ぶりな分街を這いずり回る時でも使いまわしが良かった。

TSAロックも面倒なダイヤル式じゃないので開かなくなるなる心配も少ないしマジお勧め。

(シェルポッド) shellpod スーツケース HZ-500 中型 Mサイズ 鏡面イエロー【M/YL】

 

22日の朝3時半に起き9時の飛行機で成田から桃園空港へ。

101で恒例の鼎泰豐の小籠包を喰った後、新幹線で台中入り。

翌日彼女やその友人達との珍道中を経て懇丁へ。

といっても台北、台中などからの車での移動はマジお勧めしない。

驚異的に遠いから

こちらの感覚だと都内から伊良湖や伊勢まで行く感じ。

高速は渋滞があるしパーキングエリアは日本より少ない。

途中で台南に寄ったり車酔いで高雄で降りたりしたので、

懇丁入りしたころ頃真夜中になろうとしていた。

f:id:GandhiKhan:20161227224807j:plain

考えても見てくれ。

いくら台湾は小さいといっても九州と同じくらいの大きさがある。

台中から懇丁までほぼ台湾を1/4周する感じだ。

走行距離が300kmだから3時間で着くんじゃないの?と思った貴方。

甘い、甘すぎる。

台湾人と一緒に行動してる限り

予定通り事が進むわけがないから!

爆風が吹きすさぶ夜の懇丁でなぜかタイ料理を食べ、

来るべく翌日のサーフィンに備えた。

 

f:id:GandhiKhan:20161228120217j:plain

何故タイ料理か?彼らがそれを選んだ理由など無い。

 

部屋のバスルームにはバスタブが無かった。

あれほど熱望していたバスタブ。

ついでにトイレとシャワーの仕切り用カーテンも何故かレールごと撤去されていた。

台湾人ェ。。。

 

台湾人の朝は遅い。(自分もだが)

メンツが揃った頃は再び爆風が吹きすさんでいた。

ホテル周辺にもうねりが入っていたが驚異的なオフショアとドン深と化した地形により

サーフィンは不可。

 

f:id:GandhiKhan:20161228114728j:plain

ショアブレイクな海を見つめる日本人旅行者

 

南湾も見たがサイズ小さすぎ。

風向きの測定が今一出来なかったがダメ元で佳楽水に向かう事に。

つっても懇丁から佳楽水まで車で小一時間かかる。

しかも漏れなく爆風がセットで付いてくる。

日本の冬型北西オフショアなんて問題にならないくらいの爆風が。

f:id:GandhiKhan:20161228120726j:plain

その名の通り風吹砂なんつー爆風場所もある。

しかしレンタルバイクも結構走ってたりする。ノーヘルで。

 といっても道の選択肢がそれほどないのでボーっとしてたら佳楽水に着いた。

ちらっと見た限りでは風の影響は少なそう。

やったね俺!(達)と思いボードレンタルを探し、ポイント近くの宿でレンタル。

まさか通常のフォームの板がレンタルできるとは思わなんだ。

 

f:id:GandhiKhan:20161228121332j:plain

持参したリムーバーでノーズのワックスを落としてカメラをセット

この日の為に試行錯誤したリーシュの正体はナイロン紐

 

f:id:GandhiKhan:20161228121634j:plain

恐らく台湾メイドなツインスタビの板。長さは7'2

ウェットは風さえなければタッパーでも大丈夫

 

肝心の波はというと爆風の影響でセット頭半。

エントリーを観察するが玉石ゴロゴロで台湾人サーファーも結構苦労している。

左側で高雄サーファー達の模擬コンテストが行われておりそこは避けなきゃいけない。

 

f:id:GandhiKhan:20161228122234j:plain

エントリー付近はこんなん

明らかに波を当てたとは言えないコンディション

 

f:id:GandhiKhan:20161228122418j:plain

試練の時、訪れる

 

f:id:GandhiKhan:20161228122602j:plain

よいしょ~っと飛びぬける

しかし結構ハマる

 

板を傷つけたらリペア代を払わなければならない。

しかし今日はどうぞ遠慮なく板壊してくださいと言わんばかりのコンディション。

他の店が今日はレンタルボードの貸し出しを断るだけの事はある。

 さて水温はまあまあ。風は爆風。沖のカレントが結構強くてボーっとしてたら流されるが、ブレイクポイントより手前にいたらドルフィンしようがローリングしようが抜けられない。とにかく水量が多い。

f:id:GandhiKhan:20161228123408j:plain

後ろの波のブレイク部分の長さに注目されたし。水量が多い証。

 

f:id:GandhiKhan:20161228123556j:plain

うねりからだと中々難しいので、日本同様崩れかけを狙う

 

f:id:GandhiKhan:20161228123750j:plain

飛沫が多いのでテイクオフ直後は省略

とにかく水量が多い

 

f:id:GandhiKhan:20161228123924j:plain

LからRにカットバック

 

f:id:GandhiKhan:20161228124019j:plain

とにかく水量が多い

 

スープの水圧が半端でなく、このライディング後にカメラマウントが一発で壊れた。

カメラを預かってもらってから再び入るが

こりゃ行けたと思ったバレル系のライトで見事に放り出され

巻かれた時間の記録を更新した。

今までは大洗のダブルのセット時のワイプアウトが最長だったがそれより10秒は長いね。

コンディションはどんどん悪化し板を壊す心配や待ってる人の負担も考えて

二時間弱ほどで切り上げる事に。

 

とまあ目標にしていた台湾サーフィンも達成したので当ブログの更新はこれで終了。

次回は自分の板を持って行ったり、板のチョイスは自分が乗れる最大サイズに合わせたりと反省点はあるが、それは今後他の所で論ずるかな。

ではまた会う日まで。

再见

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

フィンレス撮影

先週の土曜日から右足の親指がひょう疽になった。

いつもなら三日くらいで自然に治るのだが今回は長引いたので

近所の町医者に行ったのだがまぁ~待たされた。

なので入水前のヨガフレイムどころではなかったが、やらないとやっぱ調子悪いね。

 

今日はフィンレスの初撮影に挑んだがマウントの調整やら自作カメラリーシュ、

ブーツグローブ初使用など色々重なってアップアップ。

 

何はともあれご覧下せえ

f:id:GandhiKhan:20161217210921j:plain

テイクオフはまあ普通

f:id:GandhiKhan:20161217211112j:plain

のようにはいかない

f:id:GandhiKhan:20161217211243j:plain

レールの入れが甘いのでケツ側からずり落ち始めている

f:id:GandhiKhan:20161217211406j:plain

背後の景色の代わりぶりを見よ

f:id:GandhiKhan:20161217211527j:plain

波に乗ってるのに完全に岸側の景色が見えとる

f:id:GandhiKhan:20161217211714j:plain

こっからどう立て直すべか?

f:id:GandhiKhan:20161217211828j:plain

フェイキーな感じで岸に向かって加速を試みる

f:id:GandhiKhan:20161217211941j:plain

 

とりあえず今日はこんな感じで勘弁。

撮影途中でカメラマウントの固定位置がずれ始め

よせばいいのに海の中でいじってたら締め付けスクリューを落として終了。

この後再び一時間ほどフィンレスで遊び、

波が上がってきたらフィンを取り付けてサーフィン。

相変わらずフィン付けた後の一本目は超調子が良いw

あれほど調子が悪かったはずのただのファンボードが

まるでログを扱うかのようにフェードターンやソールアーチが決まる。

 しかし最初フィンレスで軽くウォームアップをした後

すぐに本番のフィン付きに挑んだ方が体力配分が良いかなという気もする。

波が上がった時はやはりフィン付きの方が波を堪能できるので。

 

あと例のアマゾンブーツグローブは可もなく不可もなくという感じ。

シールが若干甘いかなという気もするがどっちみち水は入るよ。ドライであっても。

ブーツグローブで一万円も出したくねーよという貴兄は使ってみてはいかがだろうか?

サーフブーツ サーフィン FELLOW ALL3.5mm 保温起毛素材 サーフィン グッズ SUP 日本規格 ウェットスーツ サーフブーツ メンズ サーフブーツ レディース (26cm)

サーフグローブ メンズ サーフグローブ レディース サーフィン グローブ FELLOW ALL2mm 保温起毛素材 日本規格 サーフィン 遠赤外線加工 (ML)

 

フィンレスはけん玉みたいに少しやらないだけですぐ下手になる。

あとボードのどこに立つかが重要だったり足の位置を波側にするとか結構奥深い。

最もサーフィンだってそうだったはずなんだけど。

明日は波無し予想だがいつものシングルフィンで

フィンレスに挑戦してみるとかみないとか。

まずは早起きヨガからだな。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

冬の波 フィンレスの話

土曜日は医者に行って自分の半生を話したら「そりゃしゃあないよね」という事で

体調不良問題は解決した。たぶん。

つー事で今出来る事しかしません。

さて冬だから冬の波なんだけど、いよいよ来ましたなって感じ。

オフショア ブシャー!!の季節が

波チェックの方が海の中より寒く、膝サイズ以下での入水はより勇気を必要とする。

それでも土曜は堤防左側でなんとか出来た。

体のコリを解消するため久々に入水前のヨガをキッチリやったら

なんだか海で筋肉の省エネが出来て調子が良かった。

天気も良く写真も中々映えたが、帰り路の強風で手が凍り付きそうになった。

着替えた後にブーツグローブを速攻でポチったことは言うまでもない。

サーフブーツ サーフィン FELLOW ALL3.5mm 保温起毛素材 サーフィン グッズ SUP 日本規格 ウェットスーツ サーフブーツ メンズ サーフブーツ レディース (26cm)

サーフグローブ メンズ サーフグローブ レディース サーフィン グローブ FELLOW ALL2mm 保温起毛素材 日本規格 サーフィン 遠赤外線加工 (ML)

 

オフショアブシャーの環境下で撮った写真はこんな感じ

f:id:GandhiKhan:20161211184157j:plain

なんてことない小波でも光と風のページェントで化けるわけです

 

なんで土曜日無理矢理入ったかというと日曜は波が無くなるのが分かっていたから。

そして今日はやっぱり、無い。

しかし昨日のコリの解消のためのヨガを終えたら、なんだかフィンレスを試してみたくなった。

そしてファンボードのフィンを外しカメラをチャイナマウントに入れ替え...

波に乗る前にマウントが壊れたw

波に巻かれた時に三個ある吸盤の付け根の一つが根本から折れた。

予備のマウントは家にあるがいちいち取りに戻るのも面倒。

まだフィンレスが海の物とも山の物ともつかないし。

しかし。。。

 

ファーwwwwwwww

これはクソ波の時に楽しいし通常のサーフィンの向上に繋がるわ。

今日はどんな感じに楽しめたかというと

  1. 最初は横向きのまま岸側に直進
  2. 徐々に横に行けるようになる
  3. 背面滑走という通常ではありえない状態が常態になる
  4. たまに360が成功するが基本運まかせ
  5. ダブルグラブレールを習得すると大概持ちこたえられる

まず1の状態がまんまドリフトでワロタ。

目線はいつものサーフィンと同じなんだけど進行方向が全く違うという。

 

2はテイクオフの場所や角度なんだけど、横に行けたからと言っても少しも安心できない。

何故ならいつの間にか3の状態になっているからだw

 

3も慣れるとこれが普通になり、ここからどう立て直すかが腕の見せ所といえよう。

なので4を意識的にコントロールするには技術が必要というわけです。

そんな荒療治を毎回繰り返していると自然と5を習得している。

 

次に今日自分が感じたフィンレスのメリットを挙げてみる

  1. 波の選択肢が広がる
  2. パドルやテイクオフが向上する
  3. ライディングの定義がない
  4. ボードはある程度大きければ何でもよい

まず1だけど波はブレイクすれば何でもよいです。

正確にいえばブレイクした後滑走エリアが残っていればいいわけで

本当のショアブレイク以外は楽しめるわけです。

だからブレイクがダンパーだろうがタプタプだろうがその後に水面があればおk。

 

2はフィンが無いとショルダーから適当に乗るという事が出来なくなる。

だから波の芯を掴んでしっかりパドリングしようという意識が高くなる。

まっすぐパドルしてもフィンがない分板は勝手に流される。

逆を言うと長い板でも方向転換が容易になる。

またテイクオフからのラインの自由度も増すし、波の上でのバランス感覚もしかり。

事実フィンレス直後のフィン付きサーフィンは超調子が良くなりますw

 

3はサーフィンの経験が増えるほどライディングの定義が狭まってくる感がある。

例えば

  • テイクオフ後はショルダーを走る
  • スープライドや直進は✖
  • 波を上下に使うべし
  • リップが切り立ったらアクションをする

などなど

それらは目標になるし上手く行った時は楽しいのだが

必ずしも毎回それらが叶えられる波ばかりではないのがサーフィン。

逆に視野が狭くなったりサーフィンを楽しめなくなる原因にもなり得たりする。

 

片やフィンレスは

テイクオフさえできればおk

楽しみ方は特に決まっておりませんので自分で考えよう。

 

4ですがとりあえずテイクオフ出来れば良いんで凹みがあろうが剥離してようが

何でも良いと思う。

ある程度大きい方が良いというのは最初はやっぱり安定感が必要なのと

膝以下の波でもテイクオフをしやすくする為。

 

ぶっちゃけ超小波用の板をわざわざ買うよりは

よっぽど安上がりで楽しめるわけで。

ボロかろうが中華だろうがロングやファンは一本持っていても損はない。

 スポンジボードを買いたければそれも良し。

全てはあなたの自由です。

次回は台湾前のラストサーフィンかもしれんがフィンレスライディング画像を撮ってみようと思う。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

背中が痛い

昨日板を変えてまで張り切った為か、今日着替える直前になって背中の痛みが襲ってきた。

こりゃゲームオーバーの予感。

f:id:GandhiKhan:20161204205012j:plain

とにかく背中が痛い

 

しょっぱなは堤防左側で入ったがここでの掘れ波と今の体の痛みでは相性が合わなさ過ぎた。

f:id:GandhiKhan:20161204205258j:plain

にっちもさっちもどう~にも~ブルドック

f:id:GandhiKhan:20161204205536j:plain

しょうがないので崩れかけから乗る

f:id:GandhiKhan:20161204205731j:plain

爆誕

f:id:GandhiKhan:20161204205953j:plain

リップがどう割れるか気になる模様

f:id:GandhiKhan:20161204210344j:plain

ショルダーが突っ込んで来るよう感じたのでレールセットを選択

f:id:GandhiKhan:20161204210516j:plain

かめはめ波はいつか出せるはず

f:id:GandhiKhan:20161204210751j:plain

とりあえずストールはしたい

f:id:GandhiKhan:20161204211112j:plain

なかなか穴が開かないでござるよ

f:id:GandhiKhan:20161204211241j:plain

またあれをやるのか!?

f:id:GandhiKhan:20161204211443j:plain

秘技、コンタクト飛ばし!

 

いつも左側のレンズが無くなるので死守してたら右側のレンズが逃走した。

片目だと波の距離感良く分かりません。デリック・ハインドではありません。

 

結局背中の痛みで早々に終了したけど天気は良かったですね。

水温は刻一刻と冷たくなってきてるが日の光を浴びたラバーは暖かかった。

海上がり後にムラスポでブーツグローブチェックしたが、たっけーつーの。

これまたアマゾンのお世話にならにゃいかんのか?

サーフブーツ サーフィン FELLOW ALL3.5mm 保温起毛素材 サーフィン グッズ SUP 日本規格 ウェットスーツ サーフブーツ メンズ サーフブーツ レディース (26cm)

 

しかし帰りに地元の薬局の無料健康相談会なる物に参加し

ブーツ用の資金は漢方薬代に変わっていったのであったw

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

執着を捨てる?

~前回からのあらすじ~

血液検査の結果は出たが特に異常はなく、かといって体調が良いわけでもない。土曜はニンニクの食い過ぎで気持ち悪くなりサーフィンを止めた。海のコンディション的にはサイドの風が強く波も厚めで乗り辛そうだが天気は良いので撮影には良さげ。明けて日曜はどんより曇り空。波も良いポジションを2回読み間違え、正解の場所に入ったころには体力半減してた。

f:id:GandhiKhan:20161203194142j:plain

今回の正解の場所、堤防左側は最近掘れてる事が多い

f:id:GandhiKhan:20161203194315j:plain

こんなんになっても耐え忍ぶ、ワイプアウトはしない

f:id:GandhiKhan:20161203194421j:plain

世にも微妙な板のみチューブインの記録

 

明けて今日はふと長めの板に乗ろうかと家のボロいファンボードを引っ張り出した。

レングスは7'6だがミッドレングスというよりファンボードと呼ぶのがふさわしいデザイン。

諸事情により台湾ではレンタルボードにしようと考えている。

もし現地で長めの板しかなかったら、という想定。

また先週フィンの固定がカパカパになったり、

買ってから使用していなかったマウントのテストやらなんやらかんやら。

THE SNAP DOWN ロングボード用フィン固定スクリュー スナップダウン / ロングボードフィンねじ

フィンボックススクリュー

昔からある定番だが最初買った時は使えなかった記憶がある。

今回ははたしてどうか?

GOPROカメラ用 トリプルサクションマウント カヤック ウェイクボード サーフボード ボディボード スノーボード モーターサイクル 自動車マウント

すんません。本当はBRLSのパクリのパクリを買ったんだけど、それはもうアマゾンからストアの商品丸ごと駆逐されてるという始末。。。ちなみに値段は¥470。

 

久々の長い板は如何に!?

f:id:GandhiKhan:20161203200333j:plain

板は長いがカメラアングルはあまり変わらない

あ、セミドライを新調しました

 

う~ん、なんか難しかったですね。

最初サイドスタビを外してシングル仕様で乗ったけど調子悪くて

後からスタビ付けたけどもう板が寿命といった方が早いかも。

アウトは見た目よりも波の押しが弱くインサイドはクローズするのでコントロールがむずい。

f:id:GandhiKhan:20161203200953j:plain

もうちょっとカメラの角度を下げて足元まで映る方が良いね

f:id:GandhiKhan:20161203201652j:plain

頑張っても最終的にはクローズする

 

その他グッズのテストではスナップダウンは固定力は良いけどフィン位置の移動はムズイね。

パチ物マウントは意外にも固定力があるのか外れなかった。

固定式マウントを使用しないでリーシュを何とかしてみたいのだが

足元が映らないのならテールのリーシュ紐までナイロンの紐でもくっつけるしかないかな?

 

あだこだ一時間ちょい頑張っていつもなら引き上げるのだが

ウェットの調子が良いのでいつもの板に乗り換える気になった。

これ、パターン的には前回と全く同じという事に今気が付いた。

 

f:id:GandhiKhan:20161203203035j:plain

前乗りはしていない、つもりだ...

f:id:GandhiKhan:20161203203214j:plain

アップスをしているだけなのだが、カメラ的には大げさな事になっている

f:id:GandhiKhan:20161203203405j:plain

トップからボトムへ、要するにトップターン

f:id:GandhiKhan:20161203203555j:plain

今後こうなったら屈め、RでもLでも

 

結果的にはいつもの板が良いねという事になりました。

どうすんべ?

f:id:GandhiKhan:20161203204015j:plain

今日はこんな感じにまとまったと思ってたのだが、いざブログにすると...

少なくとも海の上では結果への執着を捨てよう。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ
にほんブログ村

津波避難 ジャーフルの限界点 

津波の日は高田純次の早朝バズーカのようなテンポで

起床→揺れ→サイレン→テレビ→しばらくお待ちください→津波確定の流れだった。

リアルに海側に住んでいるので行政判断なんて待ってられないから

速攻で着替えて国道のコンビニの駐車場に避難。

震度1でも火を消す習慣ってやつです。

各地も予想の高さよりは大事に至らないで何より。

なんかあったら波乗りなんてやってられないから。

 

今週体調は若干回復してきたが体重が少し落ちたかもしれない。

さて勤労感謝の日の今日は寒い!風強い!

日差しが無いのでジャーフルには酷なコンディション。

前回は中身のあるライディングに戻すと書いたのだが。。。

f:id:GandhiKhan:20161123201145j:plain

サイズは肩ぐらいあっても乗ってからこんな感じになる事が多かった。

もっとスープ側に戻っても良かったのかも。

しかし明確なボトムがあるという感じでもなく

ノーズライドで加重を稼がないとおいて行かれる波が多い。

f:id:GandhiKhan:20161123201700j:plain

これはターンの場所が甘い。もっとリップまで粘るべき。

f:id:GandhiKhan:20161123201813j:plain

とにかく全体的にタプタプしている

f:id:GandhiKhan:20161123202102j:plain

右も左もダメでどっちに行けば良いの?って感じ

f:id:GandhiKhan:20161123202300j:plain

モーセが海を割りイデオンが星を割り、俺はハングファイブで波を割る

 

まあちょっと残念でした。

色々計画してもその時になるとぐちゃぐちゃになるのは

波に乗るまでに体力使い過ぎているからだと思う。

ステップバックも毎回念仏のように唱えないとまだまだ怪しいよ。

いかに体力を消費しないで波に乗るという事を追及せねば。

 

水温はそうでもないけど外気に触れている部分の為グローブとブーツが欲しくなった。

海から上がると風が寒いから決して立ち止まることなく帰宅。

タイマーセットしていた風呂にダイブしたが、まあ手足が痺れました。

早く来い来いセミドライ。

一年で一番長く使い一番寿命が短いウェットスーツよw

にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村